初めてのお金の借り方~キャッシングの審査基準はどうなってるの?~

金融機関からお金を借り入れする時、申し込みをしたら誰でもお金を貸してもらえるというわけではありません。 金融機関は申込者を審査し、お金を貸すに該当する信用のある人物かどうかを見定めます。 そうしなければお金を貸したのに返してもらえなくなってしまう可能性があるからです。 また、お金を返す能力がないのにお金を借り過ぎてしまった人が出れば、その人も苦しむことになるからです。 キャッシングの審査は審査基準によって行われます。 この基準は金融機関や金融商品の性質などによって異なりますし、消費者のほうで金融機関に問い合わせることできないものです。 一般には利用者にとって優遇された商品ほど審査基準は厳しめといえるでしょう。 審査は条件の申込者の属性と個人信用情報を対象に行われ、基準を満たしていれば審査に通過することができます。 原則として収入が安定していることが求められ、一般には収入が高く身元が明らかであるほうが信用が高くなります。 また一般には公開されず金融機関で共用して参照する個人信用情報から判断できる信用度も大きく影響します。 個人信用情報では過去の金融機関の利用履歴が登録されていますので、利用履歴に問題がなければ良いお客さん、利用履歴が悪ければ審査には通過させにくいお客さんということになるでしょう。 もしキャッシングの申し込みで断られたら、もっと審査に通過しやすい金融機関や通過しやすい条件の商品を選ぶようにした方が良いといえます。

参考サイト:消費者金融 借り方